本文へジャンプ

アブリビとは


1.スキーム全体


アブリビは会計事務所と顧問先を結ぶ情報共有ASPサービスです。アブリビを利用することで、システムの知識がなくても簡単にインターネットを通じた記帳代行サービスを提供することができるようになります。顧問先とつながることで今までにできなかったことができるようになる。
その特徴を紹介いたします。 (図にカーソルを合わせクリックしてください)



A)証憑類(しょうひょうるい)転送スキーム


アブリビでは、顧問先に仕訳伝票を作成せずに領収書や請求書、通帳などをスキャナーでスキャンしPDFファイルに変換したイメージデータを送付させます。顧問先にとっては仕訳伝票を作成する必要がないため、経理人員の確保が不要になるなど小規模事業者にとって魅力あるサービス提供が可能です。

a)証憑類貼り付け b) スキャナー読込 c)フォルダ保管 d)転送
証憑類を貼り付ける帳票 スキャナーと帳票 保存用フォルダ アブリビ転送ツール(顧問先用)
証憑類を帳票に貼り付けます。帳票類は以下に分類し送付します。
現金−帳票添付しスキャン
預金−通帳等をスキャン
売掛−請求書をスキャン
買掛−請求書をスキャン
棚折−棚卸表をスキャン
スキャナーを利用し帳票を読込ませます。スキャナーはPDFファイルを作成できるものであれば、どのスキャナーでもご利用できます。 作成したPDFファイルをフォルダに保管します。 専用の転送ツールのボタンをクリックするだけで、転送が完了します。フォルダ内に保管された古いファイルは会計事務所にダウンロードし処理した時点で自動的に削除されますので、パソコン内にファイルが溜まることを防ぎます

スキーム全体へ戻る



B)証憑類(しょうひょうるい)取込スキーム


会計事務所が各顧問先から転送された証憑類イメージデータを、一括で取込むことができます。一括取込のため顧問先が増えても安心です。また取込んだイメージデータは顧問先別フォルダに自動格納されます。顧問先別フォルダ内のイメージファイルを開き、ご利用の会計ソフトに入力します。会計ソフトはどのソフトウェアでも構いませんので現行のシステムになんら手を加える必要はありません。

a)パソコン1台から b)取込 c)入力作業
パソコン アブリビ転送ツール(会計事務所用) 転送イメージ
会計事務所はパソコン1台で対応可能です。高額なシステムは不要です。 専用の転送ツールのダウンロードボタンをクリックするだけで、顧問先全てのデータが一括で取込みできます。 各顧問先のイメージデータはパソコン内の各顧問先フォルダに取込まれます。イメージデータを開き、会計ソフトに入力を行います。入力後のイメージデータは削除するか他のフォルダに移動します。

スキーム全体へ戻る



C)財務データ転送スキーム


会計ソフトに入力後、定期的に帳票類・財務データ・経営資料などを顧問先別閲覧プラウザへ転送します。閲覧プラウザは顧問先専用のホームページのようなもので、ここから顧問先は様々な会計情報をほぼリアルタイムで確認できます。

a)財務データ作成 b)転送 c)転送結果
財務データ作成イメージ アブリビ転送ツール(会計事務所用) 転送イメージ
会計事務所は会計ソフト等からPDF変換ソフトをル用紙PDFデータを作成します。どのようなデータを転送するかは自由に設定可能です。
※PDF変換ソフトウェアは別途購入が必要です。
専用の転送ツールのアップロードボタンをクリックするだけで、顧問先全てのデータが一括で転送できます。 パソコン内の各顧問先財務データはアブリビサーバーの各顧問先フォルダに転送されます。

スキーム全体へ戻る



D)財務データ確認スキーム


顧問先はホームページを見る感覚で、ログイン画面からユーザIDとパスワードを入力するだけで自社の財務情報を手に入れることが可能です。閲覧プラウザはSSL対応セキュリティ管理ですので安心です。

a)ログイン b)閲覧プラウザ
ログイン画面 閲覧画面
顧問先はログイン画面からユーザIDとパスワードを入力しログインします。プラウザはSSL(128bit)での通信の暗号化により安心してご利用できます。またパスワードは顧問先が簡単に変更できます。 顧問先の閲覧プラウザです。会計事務所はここに様々なデータを転送できますので、顧問先別のサービスに応じて自由に活用できます。顧問先は該当データをクリックするだけで中身を閲覧でき、必要に応じて顧問先のパソコンにデータを保管することも可能です。

スキーム全体へ戻る

 Copyright(C)2007 Hadashi co.,ltd All Rights reserved
クリックで証憑類転送スキームへ クリックで証憑類取込スキームへ クリックで財務データ転送スキームへ クリックで財務データ確認スキームへ